2012年09月19日

地元の駄菓子屋さん

ひさしぶりのブログです。
先日、日本に帰国したついでに地元のディープな駄菓子屋さんの写真を撮ってきたのでここで紹介します。


その名もまる正さん。店を始めて50年経過してるそうです。
昔はスーパーの中にあったそうですが、34年前にスーパーが無くなり、現在の形態になったとのこと。

では昔なつかしい雰囲気が残る、めくるめくノスタルジーな店内の様子をどうぞ。
ご主人の許可をもらって撮影しました。


コンビニとは違う駄菓子の棚!
10円から100円。100円のおこずかいだったらどれにするか真剣に悩む。

 

100円以上のビスケットなど高級品!は上のほうの棚。小さい子供は下を見て大人は上を見る。
ちゃんと配慮したディスプレイ。


少し硬めのグミの食感のお菓子。昔からあるやつ。

 

この袋ってこんなに小さかったっけ?

 

このロゴがいい。右から読むのか?と錯覚する。

 

 

10円。グミ系が多い。

 

ボタンを押せばコロコロと出てくる。

 

この歴史を感じる雑多な感じ。気がついたらこんなんなってた!みたいな。
印鑑が埋もれつつも売ってる。


プラモデルコーナー。



 

さりげなく高価なおもちゃも売っているので油断ならない。

 

このAIBOもどきの犬のおもちゃ!似たようなのが沢山でていてその昔、ひとつ買っちまった。

 

タマゴっち?もどきか。


ブロマイド。時代の流れでAKBです。10年前はモー娘でした。さらに昔はピンクレディ。
よく見ると“パワーレンジャーサムライ”(日本だとシンケンジャー)があるではないか。





知恵の輪は今やってもおもしろいかも。


ドラえもんかるた。アンパンマンもあるよ。

 

ちびまる子ちゃんって、もう放映してないよね。たしか。
見切れているが、とっとこハム太郎が横にいた。


キャラクターがついたノートなど。

 

ぬいぐるみや人形も売っている。



花火の季節は終わっているがまだまだ売る。


ねずみ花火。トンボは回転しながら垂直に上がる。



なんかもうお腹いっぱいですが、ここからが佳境です。
近くに小学校があり、通学路になっていることもあって学童向けの製品も扱っています。
子供向けファンシーグッズコーナー。


ジャポニカ学習帳か!? 違いました。


耳栓は装着したほうがいいです。半日以上耳に入った水に悩まされます。
7個売れましたがその後(数年間?)売れてないっぽい。


明日工作の授業でボンドが必要だ!そんな時にも安心。



ハーモニカにリコーダー。


そろばんだってある。



しっかり大人買いしてしまいました。

子供だった頃を懐かしんで自分の子供を連れてやってくる人が沢山いるそうです。

  

Posted by kazuki at 21:28Comments(2)