2010年08月01日

ケアンズで見かけた人(その4)


同じカテゴリー(犬コレクト)の記事画像
我が家の犬、before→after
自転車泥棒
車の荷台に乗っている
キャラクター
訪問者vs
ひさしぶりにやられた
同じカテゴリー(犬コレクト)の記事
 我が家の犬、before→after (2013-03-28 20:52)
 自転車泥棒 (2012-01-15 22:03)
 車の荷台に乗っている (2011-01-17 20:11)
 キャラクター (2010-12-11 10:35)
 訪問者vs (2010-11-29 22:13)
 ひさしぶりにやられた (2010-11-06 10:40)
この記事へのコメント
なるほど、日本人には恐怖ですね。
ただ、日本でもこちらと同じように飼えば
同じように従順な姿を見ることができるはずです。
つまり、日本とこちらでは基本的な接し方が違うのです。
簡単なことです。犬を仲間として家族としてみることが
できるかどうかということです。
残念ながら、日本人にはその感覚が身に付いてないのです。

ケアンズでもリードを付けるように標識のあるところが
増えましたが、本来必要ないものでしょう。

例えば、海岸にいると多くの犬が寄ってきます。
オージーは特に私が日本人であることで気を使っていますが
優しく声かけしている様子をみると安心します。
もちろん、むやみにさわってはいけませんが
飼い主は絶対の自信を持っているはずです。
オージーは子どもの時からこの感覚が育てられています。
Posted by やん at 2010年08月02日 06:05
ケアンズの犬って、本当にほとんど放し飼いですよねぇ・・
けどちゃんと飼い主といるときは、絶対に飼い主の指示にしたがってすごいと思ってました★

けど、犬に襲われそうになるとメッチャ怖いですよね・・(*'>ω<'*)

私は小学校の時に、大きい犬に追いかけられて、そこらへんの家に焦って勝手に入って、泥棒~~~っ!!!っていわれた経験があります・・・w
事情はなしたら、許してくれました・・w
Posted by AYU☆AYU☆ at 2010年08月02日 20:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
ケアンズで見かけた人(その4)
    コメント(2)