2013年07月13日

リンゴ飴ふたたび

かつて“レインツリーショッピングセンター”で売られていた“リンゴ飴”。
いつの間にやら販売が終了していました。

しかしたまたま行った“ストックランドショッピングセンター”にて販売されているのを発見。
2年ぶりに購入しました。


しかし、ふと思い出すのは昔日本で食べた露天で売られていたリンゴ飴。微妙にあたたかくてほんのわずかだけ飴がやわらかい。あれを再現できないものか?
とりあえずレンジであたためてみたところ「ブシュッ」という破裂音とともにリンゴと飴が裂傷。
飴はイメージにやや近づいたものの、あたたまったリンゴが不味くなった。
そもそもこのリンゴは通常の販売方法では売りにくいタイプのリンゴなのだろう。
そのまま食べてもお世辞にも美味いといえない。中途半端に温まったため不味さが倍増したらしい。


鍋で作った飴に、ケアンズの美味いリンゴを入れれば究極のリンゴ飴が出来るのではないか?

…などと思いながら、裂断したリンゴ飴を食しました。


この記事へのコメント
りんごを袋に入れて、お湯にくぐらせてみてはいかがでしょうか??
Posted by まむもむ at 2013年07月13日 19:58
>>まむもむさん
なるほど、次回チャレンジです。
Posted by kazuki at 2013年07月14日 10:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
リンゴ飴ふたたび
    コメント(2)